日本の話

大豆ミート(ソイミート)とは!?|特徴とメリット・デメリット、おすすめレシピ5選を紹介

2022年11月4日

白背景の大豆ミート(大豆肉)

この記事でわかること

  • 大豆ミート(ソイミート)とは、大豆または大豆加工品を原料として、肉に似た食感や風味に加工した食品
  • 大豆ミートのレシピは数多く、おいしいものばかり
  • 大豆ミートの市場は2025年に40億を超えると言われている。

大豆ミート(ソイミート)とは

人工代替肉

大豆ミートとは、大豆または大豆加工品を原料として、肉に似た食感や風味に加工した食品のことです。

主に油分を絞った乾燥大豆に熱と圧力を加え、肉のように仕上げた加工食品である。

大豆ミートは、「ソイミート」「ベジミート」「フェイクミート」「オルタナティブミート」と呼ばれることもあります。

"肉の代替品(代替肉)"のひとつで、大豆ミートは、肉に似せて作られた加工食品なのです。

大豆ミートは良質なタンパク源であり、肉を食べない人やベジタリアンの人にとって、肉の代わりになるヘルシーな食品と言われていますがそれだけではなくSDGs、人口増加により私たちにとって欠かせない食品になるとも言われているのです。

代替肉とは

代替肉とは、その名の通り、豚肉、牛肉、鶏肉などの動物性肉を使用せず、植物などの他の材料で作った代用肉です。

従来の家畜の肉に代わるものとして作られた食品である。

代替肉は、世界人口の増加、畜産による環境負荷、動物倫理などの解決策として注目されている。

代替肉とは

大豆ミートの市場は2025年に40億に達する?

日本能率協会総合研究所(※1)の調査によると、大豆ミート市場は2019年の15億円から2022年には25億円、2025年には40億円と、今後数年間で大きく成長することが予想されています。

このような人気の高まりは、高タンパクで低脂肪の大豆ミートが持つ多くの健康効果に起因すると考えられます。

また、大豆ミートは様々な料理に使用できる汎用性の高い食材です。

人気の高まりとともに、大豆ミートは今後多くの家庭で主食となる可能性があります。

※1:日本能率協会総合研究所

大豆ミート(ソイミート)の特徴

白背景の大豆ミート

大豆ミートは、カラダに必要な必須アミノ酸をすべて含む優れたタンパク源です。

また、飽和脂肪酸やコレステロールが少なく、食物繊維や必須栄養素、大豆イソフラボンを多く含んでいます。

また、ビタミンやミネラルを豊富に含み、グルテンフリーなのも魅力的。

大豆ミートは賞味期限が長いので、非常食としても注目されています。

大豆ミート(ソイミート)種類

白背景の大豆ミート(大豆肉)

大豆ミートは、フィレ、スライス、ブロック、ミンチ、パウダーなど、さまざまな形で販売されています。

フィレ

フィレタイプ(大豆ミート)は、炒め物などの料理に使いやすいです。

大豆を脱皮・脱脂し、微粉末にしたものを使用します。この粉末を好きな形に押し出し、調理します。

スライス

スライスタイプ(大豆ミート)は、肉巻きや生姜焼きに適しています。

このタイプの大豆ミートは、薄く平らな形をしており、加熱しても形が崩れないのが特徴です。

ブロック

ブロックタイプ(大豆ミート)は、炒め物、スープ、シチュー、鍋料理などに適しています。

ミンチ

ミンチタイプ(大豆ミート)は、あらゆるレシピで挽き肉の代用として最適です。

パウダー

パウダータイプ(大豆ミート)は、そのまま飲んだり、パン粉代用にしたりと、レパートリーが豊富です。

大豆ミートのメリット・デメリット

メリットデメリット

大豆ミートのメリット・デメリットを紹介します。

メリット

肉のような味わいですが、実は体にも環境にもずっといいのです。

大豆は完全なタンパク質です。つまり、カラダが正常に機能するために必要な必須アミノ酸をすべて含んでいます。

また、飽和脂肪とコレステロールが少なく、食物繊維、ビタミン、ミネラルを豊富に含んでいます。

さらに、大豆は健康な心臓と脳のために重要なオメガ3脂肪酸を含む数少ない植物性食品の一つです。

環境面では、大豆は他の動物性食品よりも水や土地の使用量が少なく、持続可能な作物です。

ですから、大豆の肉を選ぶということは、単においしいものを選ぶというだけでなく、地球環境に貢献することでもあるのです。

デメリット

大豆ミートは加工度が高いほど、添加物が多く含まれている可能性があります。

また、大豆ミートの過剰摂取は、体内のイソフラボンの濃度を高くする可能性があるとも言われています。

大豆ミート(ソイミート)のおすすめレシピ5選

  • ベジフィレの一口カツ
  • ベジフィレの焼肉
  • ベジミンチのハンバーグ
  • ベジスライスの肉じゃが
  • ベジスライスの牛丼

1. ベジフィレの一口カツ

→「ベジフィレの一口カツ」のくわしいレシピはこちら

https://www.maisen.co.jp/recipe/000515.html

大豆と玄米のベジフィレ 100g JOYGREEN マイセン st jn

2. ベジフィレの焼肉

→「ベジフィレの焼肉」のくわしいレシピはこちら

https://www.maisen.co.jp/recipe/000487.html

大豆と玄米のベジフィレ 100g JOYGREEN マイセン st jn

3. ベジミンチのハンバーグ

→「ベジミンチのハンバーグ」のくわしいレシピはこちら

https://www.maisen.co.jp/recipe/000488.html

大豆と玄米のベジミンチ 130g JOYGREEN マイセン st jn

4. ベジスライスの肉じゃが

→「ベジスライスの肉じゃが」のくわしいレシピはこちら

https://www.maisen.co.jp/recipe/000518.html

大豆と玄米のベジスライス 60g JOYGREEN マイセン st jn

5. ベジスライスの牛丼

→「ベジスライスの牛丼」のくわしいレシピはこちら

https://www.maisen.co.jp/recipe/000520.html

大豆と玄米のベジスライス 60g JOYGREEN マイセン st jn

大豆ミートに関するQ & A

Q & A

大豆ミート 何が入ってる?

大豆ミートは、豆科植物の一種である大豆を原料としています。東アジアが原産で、世界各地で広く栽培されています。

大豆ミートは、大豆を粉にし、水やその他の材料を加えて生地を作ります。その生地を成形し、さまざまな方法で調理します。

大豆ミートの健康効果は?

大豆ミートは、タンパク質、食物繊維、健康的な脂肪の優れた供給源です。

また、カロリーやナトリウムも低く、鉄分も豊富に含まれています。

大豆ミートの人気の理由は?

大豆ミートは優れたタンパク源であるということ。また、低脂肪、低カロリーなので、体重が気になる方にもヘルシーな選択です。

さらに、大豆ミートはコレステロールを含まないので、健康が気になる方にもおすすめ。

大豆ミートは調理が簡単で、サンドイッチ、タコス、ブリトー、スープ、シチュー、キャセロールなど、肉に代わりさまざまなレシピに使用することができます。

まとめ

大豆ミートは、大豆または大豆製品を原料として、肉に近い食感や風味に加工した食品です。

大豆ミートは、健康面や環境面で優れていることから、今後、需要の拡大が見込まれています。

大豆ミートの普及には課題もありますが、各社の取り組みで受け入れられるでしょう。

この機会に大豆ミートを試してみてはいかがでしょうか。

-日本の話
-, , , ,